ビル

最近の住宅事情

USBカード

めざましテレビで紹介されていました。それは、マンションのリフォームです。リフォームとは呼ばず、名前は忘れてしまいましたが、聞きなれない言葉でした。築40年位のマンションの1室を改装するのです。本当に古い和室がおしゃれに大変身したり、カフェ風になったりと、1000万円位で、素敵な住まいが出来ていました。
何より、築年数がかなり経っているのに安全にリフォームできるという事に驚いたのと、昔のたたずまいが今風になる事に驚きました。家も築20年近く経ちましたが、まだまだ大丈夫なんだなとも感じました。もちろんコンクリート建築と木造建築では劣化の状況も違うかとは思いますが、1から新築して住まいを作るか、あるものを利用してコストを抑えて改装するか、本当に迷う所です。
やはり、子どもの頃から住み慣れた我が家を壊して、新築するというのは、寂しいものがあったのを覚えています。それならば、改装した方が、愛着がさらに湧くような気もするのです。コストを単に抑えたいという理由だけではない人もいると思います。
最近は、核家族化が進み、若い夫婦がどんどん1代~2代だけ住む様な家を新築しています。いずれは廃虚になるかと思うと可哀そうです。

最新情報

メガネの男性

フローリングの床のメリットについて

最近の住宅は昔ながらの住宅とはだんだん変わってきており、いわゆる「洋風」の家が多く建築されています。モデルルームなどを見学にいっても大多数が室内を洋風の内装に仕上げてあり、一部和室などを設けているというパターンが定着しています。 その洋風の住まいの代表格となるだろう設えが、フローリングであると言えるでしょう。廊下や階段はもちろんの事、キッチンや…

もっと読む

新着ニュース

2017/08/21
最近の住宅事情を更新しました。
2017/08/21
物件の下見は念入りにを更新しました。
2017/08/21
念願のマイホームを更新しました。
2017/08/21
フローリングの床のメリットについてを更新しました。